2020年06月21日

怪我したヤマムラさんをお見舞うフレートくん。(ヤマアル)

アルフレートくんが病気になるような話は好きだけど、ヤマムラさんが怪我をしてお見舞いにいく話はあんまり書いてないんジャマイカ!
と思ってかいてみました。
思ったよりかいてるかもしれませんがキニシナイ!

今回は、ヤマムラさんが怪我をしてお見舞いにきたらヤマムラさんにはお見舞いがいっぱいきてる!
人望すごい!
と思ってしまうアルフレートくんのお話だよ〜。



つづきはこちら
posted by 東吾 at 22:34| ブラボ

2020年06月17日

土の恵みを知るフレートくん。(今日のヤマアル)

アルフレートくんって土仕事なんてした事のない都会っこっぽいよね!
と思いつつ、土を耕し自然に生きる事に喜びを見出したアルフレートくんと、彼と畑を耕すヤマムラさんの話を書きました。

これを書いている僕はというと、ジャガイモを収穫するため散々と土を掘って掘って掘りまくり。
芋を転がして転がして転がして。

暫くジャガイモと友達になった結果、あり得ないくらいの腰痛と肩の痛みに襲われております。

労働の喜び!
労働の喜びを知れ!

労働は喜びではない!!!!!!

でも土を触るのは楽しいですよ。
生きてる……って感じはします。(身体は激痛が走りまっす)


つづきはこちら
posted by 東吾 at 11:18| ブラボ

2020年06月15日

形見分けみたいな事になっちゃうヤマとアル。(ヤマアル)

ヤマムラの髪は長かったのに、ゲームではショート……少なくとも縛る程髪は長くなさそうだよなぁ〜。
と思い。

アルフレートに自分の髪を渡すヤマムラさんの話を書きました。
キミとともに歩めないのなら、せめてその身体一部だけでもキミとともにありたい。
そう思う事は罪なのでしょうか。

でしょうかね?
どうぞ。


つづきはこちら
posted by 東吾 at 16:38| ブラボ

2020年06月14日

獣に落ちた日(ガスコインのはなし)

ガスコイン神父のいるオドン墓地。
ガスコインの奥さんらしい人物の遺体もそこにあるけど、彼女を殺したのはガスコイン神父じゃない方がいいな。

そう思って書きました。
ガスコインが獣落ちする話です堕ちた!

どうぞ。


つづきはこちら
posted by 東吾 at 09:32| ブラボ

2020年06月10日

月光の下でイチャイチャするヤマアル概念。

青白い月の出ている夜、ヤマムラさんとアルフレートくんがベッドの上で何となくイチャイチャしている話が書きたくて……
かいたよ!

青白い月の下。
ヤマムラの身体は相変わらず、光がなくても暖かい。
輝きは輝きであって温もりではない……。

そんな話です。

生きてる限りヤマアルを書いてしまうのだ……。
そうなのだ……。





つづきはこちら
posted by 東吾 at 11:41| ブラボ

2020年06月09日

ガースーのおもひでを語るヘーンーの話。

昨日はヘンリックについて語るガスコインの話だったので、今日はガスコインについて語るヘンリックの話です。

大柄で、粗野。
猛々しく荒々しい狩人……という印象を世間に与えているガスコインだけど、ヘンリックは別の側面を見ていた……。
的なサムシングゥ。

今回も特にガスヘン要素はないと思いますが、生産ラインでガスヘンも作っているのでガスヘン物質が交ざっているかもしれません。交ざってないといいですね!

んだばどうぞ。



つづきはこちら
posted by 東吾 at 07:26| ブラボ

2020年06月08日

ヘーンーについて語るガースーの話。

寡黙な狩人と呼ばれているヘンリック。
だけどガスコインの悪口とかになると沸点が引くそうだよね。

という話をガスコインにインタビュー形式で話してもらいました。

ガスヘン要素はないのでガスヘン要素アリとは書かなかった。
書かなかったが、ガスヘンを書いているラインと同じ生産ラインだからそういうのを感じる事もあるいはあるかもしれないね!

どうぞ。



つづきはこちら
posted by 東吾 at 10:12| ブラボ

2020年06月06日

いかなる痛みを与えても(ヤマアル前提のオッサとアル)

ヤマムラと恋仲になってるアルフレートを目の敵にしているヴァルトール……。
みたいな設定の話です。

こういう話はねー、好みが分かれるって僕知ってるんですよー。
知ってるんですけどねー、書いちゃうんですよ。

ただオッサにアルくんを拷問してほしかったという希望が具現化した話ですがどうぞ。
オッサにアルくんを拷問してほしいなー。(ごろん)(大の字)



つづきはこちら
posted by 東吾 at 11:39| ブラボ

2020年06月04日

ローレンスの独白

ローレンスとルドウイーク。
同じ時代に産まれて方や教区長として華々しくデビュー、方や市井の狩人として誰からも期待をされてなかった所から頭角を現した存在として、ライバルから敵愾心を抱くようになり、そしてルドウイークに強く激しい嫉妬心を抱いて行く……。

そんなローレンスが獣に落ちてもなおルドウイークに対して激しく狂う程の嫉妬心を抱いている話です。

説明文からもう何もフォローが出来ないような煉獄ですが、今日は嫉妬心を浴びてぇなぁ。
という時にご利用下さい。



つづきはこちら
posted by 東吾 at 09:23| ブラボ

2020年06月02日

【カテゴリ:ブラボについて】

ブラボおもしれー! すぐ死ぬ!
おもしれー!
という日々を繰り返し、格好いいブラボのシーンとか書きたいよぉ!
ネタとか書きたいよぉ!
と思ったので、ブラボのネタを漫然と書くページをつくっておいておく事にしました。

元々は自分の狩人について話そうと思ってましたが、今はヤマアルを布教するコーナーになってますが、ま、いっか!

今、自分の狩人さん(ダリアさん)は別の枠で書いてますが、時々こっちにも出てくるので狩人ダリアさんの設定もおいておきますね。


<自分の狩人さん設定>

魔女・ダリア(女性)
21才、赤毛で緑の瞳。片目は常に隠している。
身長は女性にしてはやや長身で170cm前後

村を「魔女の村」として焼かれ、その生き残りとしての責務を果たすためヤーナムにやってきた。
だが本人も知らない「何か」をもっている。


狩人・ダリア(二周目のダリア)
年齢不詳、赤毛で緑の目。片目は隠しているのは先代の魔女ダリアさんと一緒。
記憶喪失でヤーナムにいて、以後相棒の「ニシくん」とともにヤーナムの狩人をしている。
記憶がないから常識がないとか、そういうのを気にしている所もあるが基本的には明るく脳天気であまり気にしない主義。

ニシくん
二周目のダリアを介抱し、以後彼女と行動をともにする学者。
ヤーナムの風土や歴史について調べているらしいが、その知識はヤーナム市民すら及ばない所まで達しているとかいないとか。
頭がよく、顔も悪くないが、何となく一言多かったり、空気が読めなかったりして性格が悪いので友達はいないタイプ。
ダリアさんとはバディ関係。


<よく書くCPとか>

・ヤマアル(ほぼメイン)
・アルヤマ(ごくたまに)
・ガスヘン(セクロスはしません)
・ヘンリック(ヘンリック主役の話とか)

・その他のNPC狩人たち(オレックとかヘンリエッタとか)


そんな感じでダラダラやるよ!
よーろしーくねー!

<この記事はカテゴリ説明なので時々上がってきます>
posted by 東吾 at 07:01| ブラボ