2020年08月10日

彼はそれが正義といった。(アバッキオ&ブチャラティ)

5部でも護衛チームはあんまり書かないンですが、ブチャラティとアバッキオの話をふと思いついたので書き留めておきたいと思います。

自分はもう正義という言葉と真っ直ぐ向き合う事などできない。
そんな風にどこか斜に構えてしまうアバッキオと、そんなアバッキオに対して敬意をもって接するブチャラティの話です。

CP概念よりコンビ概念。
ありがちな話かと思いますが、ンまぁどうぞ。



つづきはこちら
posted by 東吾 at 23:53| ジョジョ駄文