2019年09月12日

愛されたいが許されないヴァルトールさん。(ヘン長)

普段から罪悪感が強いヴァルトールさんが、自分を傷つけるよう注文しヘンリックに抱いてもらっていたけれども、ある日ヤマムラさんに恋い焦がれるようになる。
だけどヤマムラにはすでに恋人がいた……。

という軽度の地獄です。
この軽度の地獄で身体を慣していって、重度の地獄を味わいましょう。
はい、微毒ですよー、これが心地よくなったらもっと上級クラスいきますからねー。(?)
続きを読む
posted by 東吾 at 21:38| ブラボ